Monthly Archives: 9月 2014
足のむくみの原因と解消方法

自分自身、足からの体調管理やリラックスに興味があるので、それ系の本をよく読んでいます。

すると、ときどき「足のむくみはどうしたら取れるの?」と聞かれることがあります。

これまでいろいろな本を読んだところ、足のむくみ対策は大きく分けて2つあるようです。

ひとつは、むくみの原因から対処する方法です。

もうひとつは、むくんだ足に対処する方法です。
Continue Reading →

Categories: 足裏・セラピー
きょうは『信長公記』に徳川家康が出てきましたよ

みなさん、こんばんは。読書の秋ですね。

きょうは現代語訳 信長公記(新人物文庫)を読んでいます。

 

関連記事⇒現代語訳 信長公記(新人物文庫)の感想

 

信長公記はいうまでもなく織田信長の一代記です。

信長以外の武将のはなしも出てきます。

 

きょうは徳川家康が出てきました。

家康が三河の一向一揆と戦ったエピソードです。

 

強い団結力をほこる三河武士も、はじめから一枚岩だったわけではないんですね。

家康は、国内の過半数が一向宗に寝返ってしまい、一揆をおこされた経験があります。

 

家康はどうやって一向一揆を鎮圧したのか。

徳川家康は、まだ壮年にも達しない以前から、必ずこの一揆を征伐しようと決心し、長期にわたって怠らず、あちこちで自ら何度も合戦をして、たびたび戦果をあげ(中略)ついに本意をとげて、三河一国を平定した。

とあります。

 

つまり…

決心をして、長い時間をかけて何度も取り組んで、ついに達成したんですね。

 

そういえば、 織田信長も…

尾張から美濃に進出するとき、何度も敗れて結局7年かかりました。

トライ&エラーの連続でした。

 

家康にしても、信長にしても、一発大逆転のテクニックがあるわけではなく、ただ「決心」と「継続」があるのみなんですね。

現代語訳 信長公記 (新人物文庫)

Categories: 日本の歴史
世界一受けたい生き方の授業―365日、楽しく生きるツボ (知的生きかた文庫)

世界一受けたい生き方の授業―365日、楽しく生きる“ツボ” (知的生きかた文庫)
世界一受けたい生き方の授業―365日、楽しく生きる“ツボ” (知的生きかた文庫)

書道の武田双雲さんの著書です。

武田さんは書道を通じて自分と向き合うワークショップのようなことをされているんですね。

とくに心に残ったのは、つぎの3点です。
Continue Reading →

Categories: ノンジャンル
渋沢栄一 100の訓言 (日経ビジネス人文庫)の感想

渋沢栄一 100の訓言 (日経ビジネス人文庫)
渋沢栄一 100の訓言 (日経ビジネス人文庫)

こんばんは。いつもブログを読んでくださってありがとうございます。いま渋沢栄一を手に取っています。

テクニックや知識も大切ですが、それを本当に活かすためには、自分の中にしっかりした幹が必要ですよね。幹があってはじめて、枝葉が活きてくる。というわけで、渋沢栄一です。

とくに心に残ったのは、つぎの部分です。
Continue Reading →

Categories: 日本の歴史
歴史小説でタイムスリップする楽しみ

先日、尻啖え孫市(司馬遼太郎・著)の感想を書きました。2007年の新装版で、上下巻に分かれているものでした。

今ぼくの手元にあるものは、それよりも古く、1974年に出たタイプです。上下巻に分かれておらず、一冊にまとまっています。表紙の孫市の、赤い衣装があざやかです。

尻啖え孫市 (講談社文庫 し 1-6)
尻啖え孫市 (講談社文庫 し 1-6)

歴史小説を読む楽しみの一つが、タイムスリップです。

自分の部屋に居ながらにして、時空を超えられます。ソファに座ってコーヒーを飲みながら、ベッドであたたかい布団に包まれながら、戦国時代へも、三国志の時代へも、幕末へも行けます。
Continue Reading →

Categories: 日本の歴史

Next Page