信長と秀吉と家康(池波 正太郎・著)の感想

信長と秀吉と家康(池波 正太郎・著)の感想あーりーの読書日記信長と秀吉と家康 (PHP文庫)
信長と秀吉と家康 (PHP文庫)

タイトルの通り、信長と秀吉と家康について書かれた小説です。

戦国時代の歴史小説の入門として、これ以上の本は思いつきません。

 

この本を読むまでのぼくは、戦国時代の細かい流れについて何も知りませんでした。歴史小説もろくに読んだことがありませんでした。

信長と秀吉と家康。この3人がキーマンだということは知っていました。でも、信長がどうやって台頭したのか、秀吉がどうやって出世したのか、家康がどうやって天下を取ったのか、まったくわかりませんでした。

生身の人間としての彼ら、ストーリーとしての彼らを知らなかったんです。

この本を読むと、3人がどこでどう歴史のバトンをつないだのかがわかります。断片的だった戦国時代の流れがスーッと一本につながって、すごくスッキリしました。

おそらくこの本は、歴史小説の超初心者に向けて書かれたものです。使われている言葉がわかりやすいんです。歴史の知識がまったくなくても、おもしろく読めるようになっています。

ページを開くと、活字の一つ一つまで愛おしく感じます。大好きな本を手に取ったときによくある、あの感覚です。

ぼくに歴史小説の楽しさを教えてくれた思い出の一冊です。

信長と秀吉と家康 (PHP文庫)

あーりー

About

あーりーと申します。のんびり、ほのぼの。

Categories: 日本の歴史