ドラえもん(てんとう虫コミックス)の感想

ドラえもん(てんとう虫コミックス)の感想あーりーの読書日記ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

この本の感想

何があるからしあわせとか、ないから不幸ということではなく、何でもない当たり前のひとときやいつもの瞬間が、本当はとんでもなく深くしあわせだったりするんですよね。

 

自分の今の気持ちを大切にしたいです。さみしさときには、さみしい気持ちを、心が温かくなるときには、その温かさを大切にしたい。

満たされた気持ちも、心にぽっかり空いた穴も、どれも今の自分の気持ちとして向き合って味わいながら、何でもないあたりまえのひとときを大切に過ごしていきたいです。

何があっても、何が無くても、いまの自分をちゃんと味わえるかどうかで、しあわせって決まるんだなぁと、ドラえもんを読んで感じます。

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

あーりー

About

あーりーと申します。のんびり、ほのぼの。